« ブログの移設を検討中 | トップページ | IPAD2 »

2011年7月20日 (水)

社会観を学ぶ

私が思うに社会観というのは非常に経営にとって大切であると感じます。

しかし、経営スキルの勉強ばかりやっていたり

自分の業界の活動ばかりに着目しているとその社会観は培われ難いです。

さらに、会社の中に社会の風を誰が吹き入れるかと言うと

それはトップ以外にありえないというのが私の持論です。

社員に業績を求めている以上、社員はその目標達成に全力で当たってもらい

その活動が社会のニーズにあっている方向に持っていくのが社長の仕事

社員は数字と向き合い、日々格闘

社長は社会と向き合い、公器としての役割をはたしているかどうかで日々格闘

そのような感覚で会社と言うものを捉えています。

そんな視点から昨日参加した異業種交流会を思い返してみると

社長が業界以外の場にでることの意義と責任を再認識させられた集まりでした。

人生の先輩や経営者の先輩と話す事は、非常に大切であり有意義です。

|

« ブログの移設を検討中 | トップページ | IPAD2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/40883912

この記事へのトラックバック一覧です: 社会観を学ぶ:

« ブログの移設を検討中 | トップページ | IPAD2 »