« 安全宣言 | トップページ | コンサルタント »

2011年6月20日 (月)

松下幸之助

先日は、商工会議所の経営者仲間と

大阪にある松下幸之助資料館に行ってきました。

http://panasonic.co.jp/rekishikan/

創業から現在に至るまでの歴史が綴られています。

我々経営者にとって、松下幸之助と言えば

誰もがお手本にと思うぐらいの偉人です。

もちろん、松下さんの著書などを読んだ事はありますが

個人の歴史的な部分に本格的に触れるのは、今回が初めてでした。

家電で人々の生活を豊かにするその思想もそうですし、

経済だけでなく政治感もしっかりと持論を持っています。

また、早い段階から世界にしっかりと目をむけていた先見力など

その功績の偉大さは時代が味方したからとの一言では、やはり片付けられません。

企業の成長は、トップの描いた絵の大きさで決まるが持論ですが

松下さんのスケールには脱帽です。

急成長時代の経営と縮小時代の経営では舵の取り方は違うと思いますが

それでも、今も戦後も同じような混沌期

松下さんならどんな戦略をたてたのか、非常に気になります。

松下政経塾入りたかったと強く感じた出張でした。

|

« 安全宣言 | トップページ | コンサルタント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/40468793

この記事へのトラックバック一覧です: 松下幸之助:

« 安全宣言 | トップページ | コンサルタント »