« 日本でいちばん大切にしたい会社の2社に行ってきました。 | トップページ | 官僚たちの夏 »

2011年5月24日 (火)

チェルシーフラワーショー

先日、我が社初の試みとしてチャレンジした国際バラとガーデニングショー

結果は、残念に終わってしまいました。

しかし担当部署のGreen2事業部より、今回のイベントに参加したことと

そして出された結果に思うところがあったのでしょう。

必ず業績につなげて見せます、さらに繋がらなければボーナスは要りません。

と不退転の決意で、世界一の格式のフラワーショーともいえる。

チェルシーフラワーショーを見に行かせてくださいとの申し入れが役員会にありました。

通常、わが社では願望だけでなくそれに対するしっかりとした数字的落とし込みや

戦略が噛み合わなければ決済をしないのですが

今回は、その熱意を買って ちょっと私の独断的に決済を出してしまいました。

その理由は、どんなに正しいと思える理論や戦略がでたとしても

その根底にあるのは熱意という人間味だと思っています。

自分は理論派ではありますが、そんな人間らしい部分はとても大切にしいです。

|

« 日本でいちばん大切にしたい会社の2社に行ってきました。 | トップページ | 官僚たちの夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/40109144

この記事へのトラックバック一覧です: チェルシーフラワーショー:

« 日本でいちばん大切にしたい会社の2社に行ってきました。 | トップページ | 官僚たちの夏 »