« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

ホスピタリティ勉強会

昨日は、相模原の若手経営者仲間と

ホスピタリティ勉強会ということで

数年前に日本一のホスピタリティのレストランとして注目を浴びた

青山にあるカシータに行ってきました。

私が社員と共に勉強しに行ったのが4年か5年前の事であったかと

ブームになったお店が今はどうなっているかとの興味もあり

リピーターの目線でしっかりと勉強をしてきました。

まず、驚きは数年電話すらしていなかったカシータですが

予約の電話をしたときに、個人名で○○さまとの応対

しっかりとデーターが残っていることに驚きを覚えます。

さらに行ってみて思うのは当時もさすがと思ったホスピタリティでしたが

しっかりと進化していました。

具体をあまり言ってしまうと、次に行く方の楽しみを奪ってしまうので

言いませんが、大変満足のいく時間であり、また学びの多い時間でした。

進化し続けるホスピタリティを体感することで

驕らないことの凄さ、そして進化し続けることの大切さを感じました。

わが社が目指すべき位置の高さに頑張らねばと再認識です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

社長と話そう会201105

先週末は、社長と5月度の話そう会でした。

今回で丸4年になった社長と話そう会

1年目は、生まれた月ごとに

2年目は、干支ごとに

3年目は、12面体のサイコロをふってもらって

4年目は、動物占いごとに

さて、来月から始まる5年目は、12色の色から好きな色を選んでもらいました。

まず来月は、紫より始めたいと思います。

会費1,000円の話そう会ですが、どこに食べに行くのかが

社員の中ではちょっとしたイベントとなっているようです。

私としても普段見れない新しい一面が見える楽しいイベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ITの活用

本日は、わが社の役員会です。

役員会の中で、毎月一冊同じ本を皆で読み

感想とわが社に取り入れられるものが無いか検討する時間を設けているのですが

今回の読んだ本はIT技術を活用して、社内コミュニケーションや業務効率をあげている

そんな会社の実践事例の本でした。

なので、今日の役員会では 取り入れるべきIT施策の議論になると思います。

久しぶりにIT関連の効率アップを読みましたが、目からうろこの活用術が沢山ありました。

改めて日々の勉強の大切さ痛感です。

まずは、最低1つは取り入れたいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月26日 (木)

理事長に就任

昨日、我が社が所属する橋本商店街協同組合の総会が開催されました。

その場で、内部的にはだいぶビックリな人事で

私の商店街理事長の就任が決まりました。

正直、様々な活動との掛け持ちの中

商店街の理事としては、不良理事だった自分にもかかわらず

多くの皆様から頑張ってや期待しているよと

社交辞令だとしてもお声を掛けていただけ感謝の気持ちでいっぱいです。

橋本の街に対しても、商店街に対しても

歴史も知識も乏しい自分がこの大役を引き受けることに関して正直不安ではありますが

お引き受けしたからには

街の活性化、そして商店の活性化を絶対にさせるとの

誰にも負けない強い決意をもって望みたいとおもいます。

周囲の方々には無知、無謀ゆえにご迷惑をかけることも多々あるかと思いすが

精一杯頑張って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

官僚たちの夏

少し前にドラマでTV放映されていた『官僚たちの夏』

知人より進められレンタルしてみたのですが

あまりにも自分のツボにはまってしまい思わず購入してしまいました。

昭和30年代の官僚たちの情熱に立場と時代は違えど感動です。

自分も今の時代を生きる責任世代として

明確なビジョンと信念をもって経営をしなければと再認識させられます。

2度目の視聴だったのに号泣してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

チェルシーフラワーショー

先日、我が社初の試みとしてチャレンジした国際バラとガーデニングショー

結果は、残念に終わってしまいました。

しかし担当部署のGreen2事業部より、今回のイベントに参加したことと

そして出された結果に思うところがあったのでしょう。

必ず業績につなげて見せます、さらに繋がらなければボーナスは要りません。

と不退転の決意で、世界一の格式のフラワーショーともいえる。

チェルシーフラワーショーを見に行かせてくださいとの申し入れが役員会にありました。

通常、わが社では願望だけでなくそれに対するしっかりとした数字的落とし込みや

戦略が噛み合わなければ決済をしないのですが

今回は、その熱意を買って ちょっと私の独断的に決済を出してしまいました。

その理由は、どんなに正しいと思える理論や戦略がでたとしても

その根底にあるのは熱意という人間味だと思っています。

自分は理論派ではありますが、そんな人間らしい部分はとても大切にしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

日本でいちばん大切にしたい会社の2社に行ってきました。

先週末は、北海道へ出張でした。このチャンスをいかして

ビジネス書としては異例の発行部数を記録している

日本でいちばん大切にしたい会社http://blog.canpan.info/nihon/に取上げられている

柳月と富士メガネに行ってまいりました。

正式な訪問依頼をしてでは無く、一顧客としてお店を見てきました。

事前情報があったので、素直な感想ではないのかもしれませんが

やっぱり接客はとても丁寧なのと笑顔が素敵なのを感じました。

正直様々な経営的な努力は多々していることを

顧客目線で感じれるというのは難しいと思います。

ただ、いつの時代も経営努力をみて顧客はお店を選ぶのではなく

自分が居やすいとかサービスが気に入ったとか

その人、個人の心の中にその店を選んだ理由があると思います。

だからこそあの手この手にもう一丁の工夫が必要なのだと再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

口調

人に物を伝える時には、相手を見てその人に対して

ちゃんと伝わるように伝えないといけないのは当然の事

そこは比較的できるようになった気がしているのですが

気持ちを伝え、その人の行動にまで影響を与えようと思うと

これが非常に難しいです。

話のパターン的には

自分が色々説明して、納得もしてくれて、じゃあやろうと声をかけると

『でも』の一言がでてきてしまう。

そんな時に、ついついキツイ口調になってしまいます。

きつく言ったら行動してくれる確信があって言うなら良いのですが

どちらかと言うと自分の場合は、感情に流されていっているように思えます。

まだまだ人間力、精神力共に未熟です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

自己管理能力の勉強会

昨日は、商工会議所の経営者仲間と自己管理能力の勉強会でした。

一言で自己管理と言っても様々な切り口があると思います。

そんな中で昨日勉強になったと感じたのは

自己管理が徹底できている人の例ででてきたイチローです。

野球の世界で、イチローがどのように考え自己実現をしてきたか

その事例や発言を題材として紹介してくれた部分があったのですが

野球関係にうとい自分にはとても新鮮で再確認をさせていただきました。

毎度毎度感じるのは、人は人でしか磨かれないというように

経営者同士が討議や意見交換をする事のできる場があることに嬉しさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

感謝日記1

昨日、わが社の初めての挑戦であった

国際バラとガーデニングショーへが終わりました。

相模原から沢山のお客様や知人の方に応援に来ていただき本当に感謝です。

また、設営・撤収では社員の皆が部の垣根を越えて

手伝っていただくことで無事に終わることができたと捉えています。

その部分も本当に感謝です。

コスト意識や合理化の目線もとても大切しかし

原理原則だけでは、人も組織も動くわけではないと思います。

コストと熱意、合理化と人情

そんな相反するもののバランスが大切かと

0対100の議論は、問題点を理解する手法としては良いですが

それだけで運営を議論してしまうのは非常に危険です。

どんな判断にも両方の意味が存在し、どちらかにそのバランスが偏るだけかと思います。

なので、何事にも感謝の目線そして合理化の目線

両方を持ち合わせ臨みたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

感謝すること

ちょっとスピリチュアルですが、成功した方の話や

過去の偉人の方々の伝記のようなものを読んだりすると

必ずでてくるのが

良いイメージを持ち続ける事と運が良かったという言い方をする事

そして、運気をあげる為には感謝の気持ちを常に持つことが大切

ご縁を大切に、そして祖先や目上の人に対する敬いを持つことだそうです。

そんな訳で、少しブログの内容も感謝日記っぽくしてみようかと思うこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

変わらなきゃダメ

自分も良く人に言ってしまうのですが

人間的に未熟な人生の後輩にたいして、

ちょっと上から目線的になってしまいますが

変わらないとダメだよという表現を使います。

実は、自分で使っていながら少し違和感を感じています。

その違和感を昨日真剣に考えてみました。

自分も20代後半から30代前半にかけ、良く言われていたけれど

最近はあまり言われなくなったような気がしています。

それは単に年齢の問題なのかなとも思っていましたが

そんな風に言われなくなった30代中頃に、自分にどのような変化があったのかを

思い出してみてその違和感に気づきました。

自分の30代半ばと言えば、自分に与えられた天からの役割に気づいたといいますか

自国の歴史を勉強して、自分に課せられた歴史的使命感に気づいたとか

日本の先人達の恩を知ったとか

どちらかというと、変わったというより

本来の自分(自分の中に隠れていた自分)を見つけた(知った)ような時期でした。

結果、行動や考え方が変わるので変わったのでしょうけれども・・・

変わるという表現の意味は、

様々な人と関わったり、様々な勉強したり、様々な経験をする事で

早く本当の自分を見つけなさいよと言うのがしっくりくる気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

業績報告201105

本日は、金融機関へ毎月恒例の業績報告でした。

3月21日~4月20日の分の業績を報告しに行ったのですが

震災があったとは言え、足取りの重くなる業績・・・

雨が追い討ちをかけてきます。

強い会社は何があろうと結果を出すもの

この結果を真摯に受け止め、前を向いて精進せねばです。

う~ん 悩ましい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

挑戦の結果・・・

初チャレンジとなった国際バラとガーデニングショー

本日から一般公開なのですが、昨日のうちに審査発表がありました。

残念ながら弊社は、なんの賞もとれずの結果でした。

この結果にめげず、初のチャレンジなので

真摯に反省すべき点や今回の参加者たちから

様々な勉強をして、次に繋げたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

寂しい手紙

昨日、お世話になった経営者の知人から

自己破産のお知らせの手紙が届きました。

その方のお人柄を知っているだけに、とても忍びない気持ちです。

私自身が後継者ということもあって考えてしまうのかもしれませんが

時代の流れと共に経営の手法や戦略を柔軟に変えていく必要があると思っています。

自分も年をとって頭が固くなってしまい、時流が見えなくなる、感じれなくなる

そんなときが来るはずといった恐怖感があり、その時を今から見定めて

しっかりと継承者を育てなければと常々思うのです。

そのお世話になった経営者の方はご年配の方であり

昔気質な経営者でした、自己破産とかを恥と捉えるような

そんな真面目で義理人情を大切にするお人柄と知っています。

人生の終盤に差し掛かって、このような状況に陥ってしまった

その方の心境を想像すると、哀しい限りです。

実直にやっているだけでは商いが難しい時代の悲しい現実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

デザイン力を試す

今週は、弊社の外構に対するデザイン力を試す意味も含めて

エントリーをした国際バラとガーデニングショーが開催されます。

http://www.bara21.jp/index.html

一次の書類選考を無事に通過しての本選です。

そもそもわが社が外構に取り組み始めたのは

『家』+『庭』=『家庭』という数式が成り立つことと

理想の住まいをイメージした時に

その外観には、必ずお庭のイメージがあること

そして、資産価値を高める意味でも

建物と庭との調和が大切なということがあってです。

初めての挑戦なのでどんな結果がでるかは分かりませんが

営業や施工の目線は地場のビルダーであっても

デザインや技術の目線は一流でありたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

GWは

普段、家族サービスをあまりしていない自分ですが

このGW前後は、子供サービスに忙しいシーズンです。

春先のアミガサタケのキノコ狩り

そして、竹林を持つ知人にお願いしての竹の子狩り

さらに、梅林などにでる。ハルシメジのキノコ狩り

GW中は渋滞を覚悟しての千葉への潮干狩りです。

何だかんだで自分がやりたいものに子供をつき合わせているような感じですが

森や竹林、そして海に行ってはしゃいでいる姿を見るのは楽しいものです。

それにしても、今年は津波などもあったので千葉の海はどうかと思ったのですが

例年と変わりなく人が沢山居て、ちょっとビックリでした。

周りの知人に潮干狩りを聞くと、行く人の方が少ないのに

会場はまさにイモ洗い状態、それでも干潟には色々な生き物や

発見があって楽しい一時が過ごせます。

もう既に長男は4年生、あと何年 付き合ってくれるのか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »