« 合板が・・・ | トップページ | カレンダーを見て »

2011年4月 6日 (水)

会議の議論のあり方

物事を他人に任せてそれが遅々として進まないときは

必ず何かしらの問題が存在しています。

昨日、市民活動の会議では、

みんなでもっとITを使って自分達の活動を発信しようと決めたのに

殆どの人がそれを積極的にやらない事が議題に上がりました。

その際、やっている人がなぜやらないのとストレートに聞くと

聞かれた側は、負い目もそうですがそれを攻められてると思い

非常に感情的な議論になってしまいました。

このような場合、聞き方、言い方が問題にされるケースが多いのですが

それよりも大切なのは会議に参加するにあったっての統一意識がない事が

根幹の問題だと感じます。

会議は誰を攻めるわけでも、吊るし上げる場でもなく

また、悩みや愚痴そして雑談をする場でもありません。

現状の問題点を正確に把握し、それを皆で検討して

会議終了後からすぐに具体的行動が、できるような結論を導きだして終わるもの

そして、次の会議に前回出した結論に基づいて行動した結果の問題点・改善点を

議論していくそんな場でだと思います。

|

« 合板が・・・ | トップページ | カレンダーを見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/39507633

この記事へのトラックバック一覧です: 会議の議論のあり方:

« 合板が・・・ | トップページ | カレンダーを見て »