« 一次面接 | トップページ | 0宣言の家を建売でやってみました。  »

2011年3月 4日 (金)

本質を見る

常々、本質を見ることの難しさを感じます。

地域活動の会議や会社の会議 そして顧客対応 社員対応等

どの時点に着目し、何を大事と考えるかで

物事の最終結論は違ってきます。

ただ、リーダーと条件で、『遠きを見るものは栄え、近くを見るものは貧す。』

この視点は絶対的に大切と思います。

経営では、経営計画書などを作成しているので

常に意識をしているのですが

日々の些細な判断では、どうも感情や短絡的判断をしてしまうことが多々あり

その度に自分の未熟さを痛感します。

特に、感情的になった時や時間に追われて気が急いているときなどは

その傾向がつよく出てしまっています。

平常心でいることが思慮深く、本質を正しく見極める大前提ならば

リーダーの資質として胆力を鍛える事はとても重要なこと

そんな意味でも自責の念で見る視点や自分に厳しい考え方の大切さを感じます。

|

« 一次面接 | トップページ | 0宣言の家を建売でやってみました。  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/39101632

この記事へのトラックバック一覧です: 本質を見る:

« 一次面接 | トップページ | 0宣言の家を建売でやってみました。  »