« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

明日は、入社・表彰式

明日は、入社・表彰式です。

相変らず厳しい景況ではありますが3名の新人を採用します。

表彰者は、昨年の会社業績に貢献した人 営業 施工 サービスの部門で

それぞれ一名づつを表彰し、楯と金一封をお渡ししているのですが

今年から、法人カードのポイントを活用して

その3名の中からさらに一名にスペシャルプレゼントをお渡しする予定です。

喜んでもらえたら嬉しく思います。

また勤続表彰も行うのですが、今年は20年勤続の社員が2名います。

このような勤続の長い社員が増えると、嬉しいのと感謝の気持ちでが一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

不況に心すべきこと

先日、先輩経営者の経営計画発表かに出席した際

お礼状と共に贈られてきた言葉

『不況に心すべきこと』

一、全員参加による営業力の強化

一、新製品開発に全力を尽くす

一、原価を徹底的に引き下げる

一、生産性を落とさない

一、社員との力強い結束力を保つ

どれも心の奥に突き刺さります。

頑張らねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

感書状が来ました・・・

「unhcr.pdf」をダウンロード

国境無き医師団より感謝状が届きました。

感謝されたくて募金をしているわけではないのですが

でも、ちょっと嬉しかったりする自分がいます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

30代経営者で飲む

昨晩は、30代の企業経営者もしくは後継者 4人で経営議論などをやっていました。

もちろん異業種なのですが、昨日集ったメンバーの面白かったところは

男性2名、女性2名 さらに血液型がA,B,AB,Oと皆がいろいろな面で異色だった事

当然と言えば、当然なのですが 話はとっちらかるし 議論は尽きないし

5分前に 激論を交わしていたのが 次の話題では意気投合していたりと

まあ、エネルギッシュな時間でした。

反省すべきは、この震災で自粛ムードの中、

午前様をはるかに過ぎる時間となってしまった事・・・

ふと時計を見て 慌てて解散するように会計を締めてお店を後にしたのですが

皆が後ろ髪を引かれるような思いを残しながら、

お酒が飲めない事を強みにしている自分が、仲間を送り全て完了と為りました。

いや~ 性別 血液 業種 これだけ違う人達が集い

議論をしている様子は、周囲の方から見れば異様だった様に感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月24日 (木)

地域のお祭が・・・

震災の混乱から落ち着きつつある様相を見せている昨今ですが

復興の支援が盛り上がる傍ら、地域の活性化を目的とした

イベントやお祭の中止の情報が多く聞かれます。

3月中のイベントであれば、当然に自粛でよいとかんじているのですが

4月、5月、それ以降のイベントであればそれをチャンスとして

長期的被災地支援を語りかけたりする事や

地域の活性化があって、地域経済が活性化する

地域経済が活性化することで、被災地支援にも長期的に協力できる

経済人だからそう考えるのかも知れませんが、大切なことと思うのです。

さらに、余震の影響が怖いからと言う部分と節電の為との理由からでしょうが

公共施設の殆どが貸出を控えている状態

何かあった時との心配は分かるのですが

耐震工事などを税金で行いしっかりと対策してある建物なのに

なぜ、貸出をしないのか 公共施設がつぶれる時には

おそらく民間のビルや施設も潰れてしまうはず

結局どこかで別の場所で、市民は活動などをしているのですから

節電を考えてとの理由も、貸し控えもあまりに長期にわたれば、

社会全体での電力消費量は変わらないと感じます。

あまりに頑ななお役所の対応を見聞きしていると

結局、市民の安全と安心と言いながらも、

声の大きな少数意見の市民から非難を浴びることを避けたいだけではと

邪推をしてしまう自分です。

あ~ 思慮が浅く、心の狭い!! 自己嫌悪です。

なんて邪推をし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

統一地方選挙

賛否両論ありますが、統一地方選挙がいよいよ始まります。

今回の震災でも、多くの国民がテレビを通して

国家が大切さ、政治の大切さを再認識したのではないでしょうか

そんな中で行われる統一地方選挙ですから

有権者はその責任として、しっかりと権利を行使して欲しく思います。

なんとなく若いからとか、雰囲気が良さそうだからなどで投票するのではなく

どの候補者に入れるのが国や地域の生活と安全を守ってくれるのかという

しっかりとした意思を持って・・・

この時期に選挙なんかやっている場合か、

そんな予算があるなら復興にと思う方も多々いるかと思います。

しかし、被災地以外の政治をとめることに僕は反対です。

なんでもそうですが、1つの事だけに長期間集中した付けは必ず来ます。

そうならない為にも、今まで通りできる事は、しっかりとやるべきなのです。

大切なのはバランスです。偏りは程ほどにしなければ為りません。

是非、そんな意味でも責任の取れる政治復活のチャンスでもある

今回の統一地方選挙 みんなでしっかりと投票しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

顔の見える商い

今回の関東のガソリン不足、あまり車を使用しないように努力していたこともありますが

今のところ給油は一度だけ、しかも待ち時間なしで満タンにしました。

それは、いつも給油しているガソリンスタンドが、並ぶお客様を断り

お得意さま限定で給油をしてくれていたから・・・

物質的にも、経済的にも豊かな日本

普段は、人を頼らずとも、他人とのつながりを大切にしなくても

殆どの皆が、不便なく生活できると社会です。

ともすれば、人との繋がりを疎ましく思いながら

日々を生活している方々も多いのが現状かと・・・

しかし、今回のような震災がひとたびおこると

やっぱり大切だと感じるのは人とのつながり・・・

昔は、国が貧しかったので相互互助しなければ生活が成り立たなかった

だから必然として人とのつながりを大切にして、

価格やサービスよりも繋がり優先の地域経済が成り立っていた。

しかし、経済的・物質的に豊になって個人が自立してくると

よりやすい価格・より良いサービスを求めるのは必然。

社会の変化に気づかず、それまでの経済感覚に胡座をかいてしまった地域商店は

今、衰退の一途をたどる結果に・・・

また、人のつながりを軽んじた結果、経済的混乱や災害が起きた時に困る個人

相互にお互いを見ない結果が今の日本社会かと

地域商店は、常に社会を見た経営努力を

個人は、安さや便利さだけでない人のつながりを

お互いが、何を大切にすべきかと見つめ直す事が必要な時と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

駅にて、募金活動

昨日、橋本駅にて

私の所属している 社団法人相模原青年会議所の仲間と

今回の震災に対する募金活動を行ってきました。

これまでにも、何度か同じ団体で駅頭に立ち募金活動をしたことがあり、

その度に思う事は、テレビやニュースを見ていると感じる

今の日本国のトゲトゲしい住み難い社会のイメージとは逆に

日本は、まだまだ捨てたものじゃない充分温かい国だと感じます。

特に、ファッションセンス的に、年輩方世代(自分も含め)からすると

なんだあの格好は、なんて感じるであろう若い人なんかも

積極的に協力してますし、逆に相対的に多く協力してくれる人が多い気がします。

そんな光景を目の当たりにすると

外見で先に心を閉じてしまっているのは自分達かもしれないと反省です。

今回の震災に対する諸外国の報道では、日本人の民度の高さが賞賛されています。

今まで、見えなかった自国民のすばらしい点に気づき

この震災をきっかけに国の誇りを取り戻せたらなんて思います。

それと、募金活動は今月一杯 相模原市内の駅各所で 行う予定です。

もし見かけたら、お声掛けだけでも結構ですので、ご配慮いただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

卒園式

本日は、一番下の長女の卒園式でした。

しかも、計画停電の真っ最中での開催

幼稚園のはからいでホールだけは自家発電で

電力を確保し、蛍光灯とマイクを使って行っていました。

こうして、不自由があるなかとはいえ、

普通に日常がおくれることに、心の奥底より感謝の気持ちが込上げてきます。

今までの当たり前が、非常に恵まれていたということに気づかされた震災

この教訓を今後の人生に活かさなければ『罪』と強く思います。

また、本年度も昨年に引き続き、幼稚園で父母会長という役職を頂いている手前

卒園の時にスピーチを行わなければ為らないのですが

園児に対するスピーチは本当に難しいです。

6歳の子供に向けた卒園のスピーチ 普段考えたりしていなだけに毎回悩みます。

分かりやすく、短く、大きな声で、ゆっくりとを意識してはいますが・・・

それも今回の長女の卒園で終わかと思うとほっと一安心です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

建築資材の供給に関して

地震から約1週間が過ぎた昨日辺りから

建材メーカーより、資材の供給遅れや不可の連絡が相次いでいます。

おそらくはどの業界も同じような状況なのでしょうが、

仕方無いとは言え、今後の仕事の進め方をどうするか

経営者としての舵取りを真剣に苦慮するところです。

福島の原発も非常に心配な部分はありますし

被災地の方々の状況を考えれば、贅沢な悩みであること分かってはますが

ただただ、悩ましいです。

しかし何が起きようとも、1つ決断している事は

この地域に根ざす建築屋として、または建物の主治医として、

この地に存在し、顧客をそして地域社会を支えられる会社でありたいということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

会社説明会の中止

本日は、2012年3月の新卒予定者へ向けた会社説明会だったのですが

今回の震災の影響を鑑み、中止とさせていただきました。

色々な部分で、今後震災の影響があるかと思いますし

既に計画停電では、振り回されていますが致し方なしかと・・・

さらに、一経済人としては本当に悩ましい部分が多々あるのですが

まずは、経済より人命、そして被災者の身体的・精神的苦痛の軽減等

人道的な判断を優先し、最善を尽くすべきと考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月14日 (月)

東北関東大震災

世界最大規模の東北関東大震災

決して対岸の火事としてではなく

自分ごととして何ができるか、何をやるべきかを考えなければと・・・

我が社でも、親族と連絡の取れない社員や

自分の大学時代の同級生にも実家がながされてしまったりと

身近に被災者が存在しています。

今できる最も簡単なことと言えば、節電!!

しっかりとコンセントを抜くように心がけ無ければです。

関東で皆が節電をし、できれば計画停電をする事無く済めばよいのですが

そうする事で病院や施設などの社会的弱者に必要な施設の運営が

滞ることなくできることができると良いのですが・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

防火サッシの不適合

http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN201103090004.html

建設業界の悪しき部分と言うより

許認可団体(天下り団体)の悪しき部分がでたような気がするニュースに感じます。

ちょっと業界人にしか分からない部分で恐縮なのですが・・・。

昨日より、我が社にもメーカーから連絡が入っていますが

まだ、どのような対応をとるか具体的な結論が出ていないとの事

経済の上流といいますか、お上といいますか

その部分での認識違いや過ちは本当に多くの人を巻き込んでしまいます。

今回も、一番頭を下げたり、汗をかくのはより現場やお客様に近い人間達、

保身や自分の利益ばかりを追求するような人には

許認可等を扱う組織には居ては為らないと感じます。

天下りが悪いとは思いませんが、民だろうと官だろうと

モラルの無い人間が権力を持ち難い仕組みもしくは持ち続けられない仕組みを

考える事が大事と感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

川津さくら2011

三寒四温といいますが、なかなか温かくならない3月

それでも梅が咲いたりと春の訪れの近いことを感じていた今日この頃ですが

会社の近くにある公園の川津さくらもほぼ満開に近くなってきました

まだ植えて5年ぐらいなので、まだまだ枝ぶりは良くありませんが

それでも、枝一杯に花をつけていて目を楽しませてくれています。

先日の雪では、さくらと雪という中々見れないシチュエーションで

寒さは厳しかったけれども、とても綺麗でした。

Cimg2246

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

統一地方選挙前

今月は、なんだかんだと統一地方選挙前だけに

色々なお誘いや珍しい方の急な訪問があったりと

この4年に一度の風物詩に少々、ゲンナリしています。

そこで考えるのが選挙のあり方

正直、選挙前に政治家が選挙活動をするのは当然なのですが

どうしてこんなにも政治に対する無関心と嫌悪感が

一般市民に根付いてしまったのかと言うことです。

自分も頭では、政治に関して

無関心ではいられても、無関係ではいられないのだから

有権者としてしっかりと関心をもって居ようと常々思っています。

しかし、正直な気持ちは どうせと言った気持ちを抱いていることを否めません

マスコミの報道のあり方にも問題がありますが、それだけではないと感じます。

政治家が政治屋になっているのにも感じますし

国民(市民)が望む改革のあり方とあまりにもずれている政策もその1つと感じます。

最近の世界政治を見ていて感じるのが、

デモが起こるぐらい関心がつよい方がいいのかもと思う 今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

0宣言の家を建売でやってみました。 

3月5,6日は完成現場見学会でした。

ちなみに今回は我が社の建売なのですが、0宣言をしてから初めての試み

地域相場からすると高めとなってしまうのですが

全ての使用を0宣言で統一し、建売をやってみました。

基本建売は、コストをおさえる為に無難な仕様にするのですが

今回は、我が社のこだわりを前面に出させていただきました。

見学会には、既に我が社を知っている方も含め20組以上の方が来場してくれました。

お客様の心に残ってくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

本質を見る

常々、本質を見ることの難しさを感じます。

地域活動の会議や会社の会議 そして顧客対応 社員対応等

どの時点に着目し、何を大事と考えるかで

物事の最終結論は違ってきます。

ただ、リーダーと条件で、『遠きを見るものは栄え、近くを見るものは貧す。』

この視点は絶対的に大切と思います。

経営では、経営計画書などを作成しているので

常に意識をしているのですが

日々の些細な判断では、どうも感情や短絡的判断をしてしまうことが多々あり

その度に自分の未熟さを痛感します。

特に、感情的になった時や時間に追われて気が急いているときなどは

その傾向がつよく出てしまっています。

平常心でいることが思慮深く、本質を正しく見極める大前提ならば

リーダーの資質として胆力を鍛える事はとても重要なこと

そんな意味でも自責の念で見る視点や自分に厳しい考え方の大切さを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

一次面接

今週は、2012年3月卒業予定の学生の一次面接を行っているのですが

前半の面接を行ってみて感じるのは

学生にどうも元気がない事!!

それだけ、厳しい就職戦線なのか 印象を与えるより

失敗をしないようにとビクビクしているからなのかは分かりませんが

若者らしいエネルギーが感じられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

第13回 国際バラとガーデニングショウ

本年、我が社の外構部門Green2事業部の目標に

どんなガーデンコンテストでもかまわないからエントリーをし

入賞を目指すというものがあります。

年当初に、その目標を掲げてその後 どのコンテストに出るか

エントリーしているのかという報告を受けていなかったので、

まだ何もしていないかと思っていたら

昨日、第13回国際バラとガーデニングショウhttp://www.bara21.jp/index.html

一次選考を通過しましたと報告がありました。

まだ、一次を通過しただけなので何の事は無いのですが

とりあえず、我が社のデザイン力を試す良い機会を得ることができました。

日常業務も忙しいですが、外構部門には頑張って欲しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

ラジエントヒーター

IHは電磁波が問題なので使わないと言う宣言をしている我が社ですが

自分の自宅はバリバリのIHヒーターです。

それでも少しは電磁波を減らそうと、卓上のラジエントヒーターを購入し使っています。

先日、そのラジエントヒーターで豚カツを上げて食べたのですが

特に高級なお肉を購入してきたわけではないのですが

非常にやわらかく美味しくできました。

味音痴の自分が食べても明らかに今までと違う食感でした。

他のお料理でも、ラジエントヒーターを使った場合

味や食感に対する高評価をしてる我が家ですが

説明書やマニュアルを読む習慣がない我が家の女性陣は、

ガスやIHと比べて火の加減が今ひとつ分からないとこぼしていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »