« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

どちらが正しいか?

ある経営者さんから投げかけられた質問です。

デパートの開店前にお客様が玄関に並んでいる様子

その光景をは容易に思い浮かべられますよね。

さらに、デパートの中では、接客スタッフが10時の開店時間に備え

準備万端で整列しながら待っています。

これって本当にお客様の為ですか、

皆様はどう思いますかという投げかけでした。

正直、告知してある通り10時まで入場させないのも正しいと感じますし、

準備が整っているのであれば、少しぐらい早めに入場してもらうのも

良いサービスであると感じます。

顧客目線から考えてもどちらも一長一短な部分あるのかと・・・

私自身 いまだに結論は出ないのですが、

この問いかけに関して思った事は、

最近は、その通りやっていれば、トラブルが起きた時の逃げ道になるからと

何でもマニュアルやルールを頼りがちですが

このような曖昧な部分を許せる寛容さ、そんな文化が広まってほしく思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

エクスペリア

アイフォンやアイパッドの勢いに、

これは携帯専用サイトはいずれなくなるかも知れないと感じ、

先日、ドコモの携帯をフォーマからエクスペリアに変更しました。

取り扱い説明書をあまり見ない世代(?)の自分は

これまでも携帯の取り扱い説明書などは、あまり目を通しませんでした。

だからと言うわけではありませんが、

絵文字やデコメは殆ど使ったことがありませんし

着メロやアプリなんかも殆ど利用したことがありません。

しかし、今回のエクスペリアはちゃんと取り扱い説明書や

スタートアップガイドを熟読しなければならない難しさ

既にIT化の波に取り残されてしまったのか、四苦八苦しています。

結果購入してから、1週間たった今も

まだ切り替え、できていない現状です。

ネットの世界の進化の早さに、戸惑いを覚える37歳の今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

プロフェッショナル仕事の流儀をみて 

最近、NHKで放映されている、『プロフェッショナル仕事の流儀』

DVDを購入し、社員教育に使ったり

自分のモチベーションを上げるのに使ったりしているのですが

このところ、再度勉強しなおそうと、全てを見直しています。

そこで感じたのが、プロフェッショナルに登場してくる方々は

周りから見たら、既に偉業を成し遂げていたり

賞賛をもって敬われているにもかかわらず

まだ、現状の自分に満足していない方が多く

さらに、当たり前ですが自分の哲学をしっかりと持っている事

この二つの共通事項があるように感じます。

あらゆる葛藤の末にたどり着いた境地と、たゆまぬ努力

これに勝るもの無いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

コメント

先日、私の出版した本

『土地に住みますか、家に住みますか』

これからご自宅を検討する方々の為に

少しでも役に立てばと書かせていただいた。

利益目的での出版でなないにしろ、

その後の売れ行きは、やはり気になります。

そこで、ちょっとアマゾンで調べてみたところ

読者からの嬉しい書評が書いてありました。

ちょっと照れくさかったですが、

好感を持ってくれた方が居た事に勇気をもらいまいた。

もっともっと頑張らねばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

ゴーンさんの役員報酬

日産のゴーン社長の役員報酬は8.9億円との発表がありました。

他にも1億円を超える役員報酬の方々が公表されていますが

頭抜けてゴーンさんは高額でした。

それでも、昨年よりは相当減額されているとの見解らしいのですが・・・

当然に様々な賛否はあるのでしょうけれど

私的に気になったのは、そのお金の使い道

お金を稼ぐ事よりも、そのお金をどう使って要るのかが、

その人の人格評価につながるはず・・・

入り口ばかりでなく、出口もしっかり見なければならないのにと

報道のあり方の恐さを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

メーカーとブランド

先日の伊那食品のベンチマークに行った際に

盛和塾の方との話の中で会社のブランディングについて様々な議論がなされました。

ブランドというと必ず出てくるの名がヴィトン

そして経営者としての話題で、必ず出てくるのが松下さん

今回はその両方を取上げ、ブランディングについて議論がされました。

簡単に要約すると

ヴィトンもパナソニックも、かなり有名で誰もが知る名前

でも、どちらが本物のブランドかと聞けば、大半の方はヴィトンを選ぶとの事

確かに私もそう感じます。

では、その違いは何なのか。という議論だったのですが

様々な意見交換を経て、行き着いた最も腑に落ちた結論は

ヴィトンは値引きをしないで定価販売だけれども

パナソニックは、家電量販店などで大々的に値引きをしている。

この部分が決定的に違うのではとなりました。

価格と価値(付加価値)とそして信頼(信用)そんな部分を長年かけて

コツコツとそして徹底して積み上げた先にブランディングが成立する。

我が社も一歩一歩頑張らねばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

久しぶりに転倒・・・

自然からの恵みの多い、私の地元ですが

天然のホタルがピークを過ぎはじめると、その次の私の楽しみはクワガタ採取です。

子どもが生まれてから、喜ばせたくて行き始めたのがきっかけですが

今では半分以上 私が楽しくて・・・

仕事帰りに森に立ち寄っては、懐中電灯を片手にスーツ姿でうろついています。

知らない人が見たら、まさにちょっと怪しい人に見えることでしょう。

そして、今年もそろそろかと思い

昨日、いつも採取するポイントを下見に行って来ました。

時間にして夜の11時半ぐらい・・・

まず、一番取れる実績のポイントへ、

すると案の定、既にクワガタが居るではありませんか

しかし、残念ながら全てコクワガタだったので採取せずに別のポイントへ・・・

クワガタが居るとわかると、ついつい足早に木を確認したくなるのが人情

車を降りるや否や、走らないまでも早足で移動し

意気揚々と目の前にあった垣根を飛び越えました

その時、夜の暗がりで見えなかった垣根の向こう側にあった段差

着地の際、思いっきり踏み外し久しぶりに本気の転倒を経験しました。

朝になってみても挫いたように感じた足首もさほどでは内容なので助かりましたが

急がば回れを身を持って体感した、夜の出来事でした。

いや、本当に痛かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

伊那食品

先週末は、東京の盛和塾の方々と

長野にある伊那食品という寒天の製造メーカーにベンチマークに行って参りました。

『かんてんぱぱ』というブランドで直売も行っているので、ご存知の方も多いかと思います。

また、50年間増収増益を続けた会社としても有名です。

経営者の私的には、50年間の増収増益を続けられてその秘訣が

前々より気になっており、本を読んだり、かんてんぱぱショップ等に足を運んだりして

勉強はしていたのですが

今回は現場へ行ける絶好の機会、心躍らせての週末でした。

まず、会社まで行く道のりで感じるのですが

すっごい山奥にあるんです。なんでこんなところにと思うほどの山奥。

確かに自然環境に恵まれては居ますけれど、もう少し便の良い場所でもと感じます。

しかし、到着してバスを降りてみてビックリ、かんてんぱぱガーデンと呼ばれるそこは

社員が自主的に手入れしているとの3万坪の敷地、

地域貢献との名目で美術館やらホールそしてレストランやショップが立ち並んでいます。

観光名所のようにまでなっていて、年間30万人の方が訪れるとの事

特に、レストランは日中のみの営業で店舗としては大赤字らしいです。

夜をやらない理由も、地域飲食店の商売を邪魔してはいけないとの理由よりです。

他にも多々驚かせられる部分はあるのですが

同じ経営者として敗北感たっぷりで帰って着ました。

必ず達成、ホスピタリティ日本一です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

GDP回復との事ですが

報道や政治家のコメントを聞いていると

国内総生産がV字回復したとやたらに言っているのですが、どうも疑問に感じます。

我が社の業績からの判断で、好景気・不景気というのではなくて

私の周りにいる経営者仲間を見ても殆どが厳しい業績ですし、先行きも厳しいとの見解。

そして銀行訪問をしている中でも、殆どの業界と業種が厳しいですよ

まあ良い会社は、全体の1割強(楽観で2割)居ればいい方ですよとのコメントを頂きます。

政府発表の色々な数字に関してはどれもそうですが

どのような根拠を積み上げての数字なのかしっかりその辺りも報告して欲しいですし

そろそろ、その積み上げ根拠の見直しもして欲しいと感じます。

県内総生産とかをちゃんと抽出してそれを積み上げていったら、どんな風になるか

もしくは、大手と中小の基準を明確にしてから大手国内総生産と中小国内総生産なんかも

やれるやれないは、別議論でただ単純に見てみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

ネット勉強会

本日、有志でネット活用の勉強会を開催しました。

経営者仲間に、ネット関連の仕事をしている人が居たので

これからの広告展開にはネットは必要不可欠との判断から

今回の勉強会の開催に至りました。

その結果・・・

詳しい技術的な説明は正直チンプンカンプンでしたが、

ネットの業界は一年前よりすごいスピードで進化していると言うことと

今まで難しかったことがFREEの感覚で簡単にできるようになっていると言う事

そしてそれを利用し様々なビジネス展開がされているという事実を知りました。

まだまだ進化しそうなネット業界、

経営者として常に勉強をして置かなければと再認識です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

出版してみて思うこと

今回、少しでも家づくりの参考にしていただければと

本を出版させていただきましたが、

その結果、色々な知人の方から読んだ感想やら

出版したこと、その事に対するご意見を多々いただきます。

直接のご意見を言ってくれる方々なので

まあ、たいていが偉いねとかすごいねとか分かりやすかったよ等の

肯定的な感じの物が多いのですが

正直、こんなにも照れくさく感じるものだとは、思っていなかったです。

小学生のころから怒られてばかりだったせいなのか、

褒められるより、怒られる方が慣れている自分を再認識しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

シンガポールのタバコ

少し前に、シンガポールに出張している時に思った事なのですが

日本でも、タバコを販売している人に対して

あの、健康を害する恐れがあります(私はタバコを吸わないので不確かな文面です)。

との告知義務の法律は、とても酷い法律であると常々感じていました。

が、しかしシンガポールのタバコはもっと酷かったです。

値段も日本のタバコの倍以上もしますし文章の変わりに、

生々しい未熟児の写真やグロテスクな癌の写真が正面に貼られています。

タバコを吸うと、このような結果になってしまいますよとの告知なのでしょうが・・・

自分の売っている商品が悪いものですよと告知しなければ売れないのは

そこに働く人にとってどんな気持ちなのかと考えると、経営者として非常に苦しい気持ちになります。

色々難しい所はあると思いますが、何かもっと良い方法は無いものでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

我が社

先日の鮎つり解禁のブログで『我が社』との表現に対するアドバイスを頂きました。

コメント欄で返信しても良かったのですが・・・

『我が社』の表現には、ちょっと思いがあったので

折角いただいた機会、活用させていただきたく思います。

通常であれば、ブログなどで自社の事を表現するときは

【弊社】という言葉を使うのが適切であると認識はしています。

ではなぜ【我が社】と使っているのかなのですが

誰からか聞いたか、何かの本に書いてあったか

ちょっと記憶が定かではないのですが

アメリカではたとえ友達と飲んでいる時でも

自分の勤めている会社をうちの会社とは言わないそうです

『うちの会社』と表現するそんな家族的な日本の文化はとても良いと感じます

なんて内容の事が書いてあり

確かに、私が目指す社員ホスピタリティ日本一の部分でも

そのような文化は大切にすべきだと共感し

弊社という表現ではなく、いろいろな場所で【我が社】を使うようになりました。

正直、ブログ使うかどうかは非常悩んだのですが

そんな思いから使ってみるようにしています。

誰に話したこともない、ちょっとした思いを話せるきっかけをいただいた

コメントに感謝です。ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

本を出版させていただきました。

弊社に尋ねてくるお客様の中に

土地を先に買ってしまったが為に

本来の夢や希望に満ちた、楽しい家づくりから遠ざかってしまい

厳しい家づくりを強いられている方が多くいらっしゃいました。

その様な方たちを見ていて、どうにか助言ができないか

そんな気持ちからこのたび、日本建築出版社さんより

本を出版させて頂きました。

題名は、『土地にすみますか? 家に住みますか?』です。

ご興味ある方、是非ご一読を・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

JALに乗りました。

先週末、JALに乗ってシンガポールまで出張に行ってきました。

このところ何かと話題になっていたJAL、乗ってみて学んだ点です。

まず行きの飛行機で、みんなが一生懸命気を配り

ホスピタリティを心掛けているのが感じられました。

しかし、帰りの飛行機でちょっと不満が・・・

行きの飛行機では、アイスクリームのサービスがあったのですが

帰りの飛行機では、それが無かった

サービスですので、必ず無ければならないというものではないのですが

品物だけに、これは会社側がしっかりと用意したもの・・・

そう考えると行きにあって、帰りにないのは何でかと思ってしまい

折角のサービスがアダとなってしまい、不満に感じました。

自社に振り返ってみてもそうですが、

サービスや仕組みを実行するにあたって

やはりその徹底と均一化は大切なんだと学ばせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

ホタル2010

私の地元 相模原市の田名には

望地キャンプ場というところがあり

そこでは、毎年蛍狩りを楽しむことができます。

天然ホタルで、こんなに沢山と言うほど飛び交いますので

是非お近くに来た際にはお立ち寄りを・・・

見ごろは今週だそうです。

思ったよりホタルの数は居ますので、本当に綺麗で癒されます。

自然への敬いは、自然を体験する事から・・・

お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

ハガキ

人とのご縁を大切にと、ハガキ道を始めてから、5年目に突入しています。

そして、先ほどボールペンのインク(はがき用)を使い切りました。

ハガキ道を始めてから3本目ですが、ささやかな感動を味わいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

鳩山さんの辞任

鳩山首相は嫌いでしたし、辞任して嬉しいけれど

平成に入ってから、何人の首相が変わったのか・・・

これが民間企業であったら、果たして融資は受けられるか・・・

はたまた対外的な信用はどうなるのか・・・

そんな風に考えると、日本の首相は気楽です。

やめたら責任から逃れられるし、議員は、まだやり続けるので・・・

この辺りがどうしても私的には

社長はやめますけど、社員はやめません。

そんな風に見えてしまいます。

会社経営に命をかけるのが社長なら

国家運営に命をかける政治家が欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

鮎釣り解禁

昨日は、一般的には衣替えですが

釣りファン特に鮎釣りが好きな方には特別な日

そうです。鮎つりの解禁日です。

その昔、我が社にも そしてお客様の会社にも

鮎つりの大好きな方が居て

毎年6月1日にはお休みをいただいて川に入っていたのを思い出しました。

今年もどこかの川で釣り糸をたらしていた事と思います。

私も、釣り好きで 小学生のころから色々な釣りを経験してますが

鮎つりはいまだ経験がありません。

それどころか釣り自体に、最近はあまりいけていないのが現状です。

もう少しタイムマネージメントスキルを向上させ

そういった時間もつくれるようにならなければと感じる今日この頃です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

2010年度 住宅着工戸数予測

先日、ある業界紙に2010年度の住宅着工戸数の予測が出ていました。

2009年度は約78万戸でした(ちなみに1990年には約167万戸)

建設業界に携わるものとしては、できる限り活性化してほしいもの・・・

住宅エコポイントや住宅取得支援策など様々な支援策は打ち出されていますが

その予測はと言うと、微増の約83万戸との事

本年並みといった感じでしょうか・・・

どうやらまだまだ厳しい建設業界です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »