« 予算会議2010 | トップページ | シルバーウィーク »

2009年9月18日 (金)

予算会議その2

昨日、弊社で開催した2010年の予算会議

アドバイザーを外部よりお願いしてのものでしたが非常に有益な会議であったと感じます。

このような会議ですと当然、利益目標や売り上げ目標などをどう設定するか

数字的な部分をしっかりと揉むのですが

掲げる目標が大きければ大きいほど、ムリムダムラをなくし

全社員のベクトルを合わせ数字につながる行動をとる事が大切となります。

ここでしっかりと認識しなければならないのが、会社の理念や社是であると思います。

数字をあげるためのスキルの話と理念は両輪であり

大きな数字を追い駆ける=利益主義成果主義になるという事ではないということです。

あくまでも会社は社会の公器であり、社員やお客様そして協力業社の不幸の上に

存在するようであってはならないということです。

今回の予算会議では、過去最大の目標を掲げさせていただきました

色々な数字の面でもこれまでに無いくらい社内でディスクロジャーしています。

確かに現状認識は辛い面もありますが、意識改革の全てはそこから始まります。

ムリムダムラを徹底的に排除し、会社を高収益体質にしながらも

社員満足度、お客様満足度、取引業社満足度この3つの満足度の向上を目指します。

しかし、予算会議はまだはじまったばかり、まだまだ課題山積みな状況です・・・

|

« 予算会議2010 | トップページ | シルバーウィーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/31425256

この記事へのトラックバック一覧です: 予算会議その2:

« 予算会議2010 | トップページ | シルバーウィーク »