« 雷雨 | トップページ | 自民党総裁選 »

2008年9月 2日 (火)

福田首相辞任

昨日このニュースを聞いて びっくり

何故この時期に、あの内閣改造はなんだったのか・・・

話を聞くと自分では政策が順調に行かないから見たいなそんな言い分・・・

一国の首相のプレッシャーはどんなものがあるか分かりませんが

やりたくて立候補して、自分でダメだと思ったからいつでも辞められる。

これって国が潰れないからなのか、裏で知らない圧力や駆け引きがあるのか

事の真相は正直分かりませんが、ただただ辞めても、生活ができる人なんだな~

とつくづく民間人との立場の違いを感じます。

中小企業の社長は多少の違いはあれ、

その殆どの人が自分の人生と家族、そして社員の生活を背負って

自分が辞めてしまったら、皆が路頭に迷う、それはさせない!!

石にかじりついてでも何とかしよう、そんな気持ちでトップという仕事についています。

首相を辞めても政治家ではあり続けられる、職を失わないからなのか

サミットの時、各国首相を出迎えた、あの満足そうなご婦人の映像や

オリンピック開会式に出席して楽しそうにしていた福田首相のあの顔を見ていると

いきなり辞めれる政治家の態度に、この国の行く末の不安と

政治の混乱による景気対策の遅れが心配です。

この国の内需はかなり危機的状況にあると思うのですが・・・

正直、こんな事している場合じゃないでしょう、政治家は・・・

|

« 雷雨 | トップページ | 自民党総裁選 »

コメント

確かに、ねじれ現象により審議が長くなり、国民に与える影響もでてきてると思います。身勝手な自民党にも頭にきますが、ただ反対すればいいとう、第2政党にも疑問があります。次期総理大臣は、国民が明るく、夢を持てる人になってもらいたいものです。

投稿: 総務のおじさん | 2008年9月 2日 (火) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/23429422

この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相辞任:

« 雷雨 | トップページ | 自民党総裁選 »