« 社内コミュニケーション | トップページ | 四川大地震 »

2008年5月14日 (水)

道路財源

先日、道路特例法が成立しました。本年3度目の衆議院での再可決で・・・

どちらかと言えば世間一般からは、弊社のような建設業は、特定財源の恩恵を受けていそうな部類にかと思います。

ただ実際は、公共工事比率が売り上げの1割~2割、しかも建物だけなので道路とはあまり縁のない弊社でございます。

それにしても、この再可決 国民の政治離れをよりいっそう助長させた感があります。

首相の一般財源化発言の一方で、道路特定財源を10年間維持する改正道路整備財源特例法の成立。

普通に矛盾を感じます。よく分からない。

そうすると僕の短絡的な思考回路では、どうせ利権がらみで道路族なるものが、

これまでと同じ立場を守ろうと、様々な画策をしているのではと想像してしまいます。

そして、今の国民不在の政治に、党利党略のみの政治にため息と失望感が生まれるばかりです。

今、世界では日本経済や日本の国力自体が問われている時

一般国民には分からなくても、せめてなんか良いことをやっている感や

私利私欲を捨て国を立て直すために頑張っている感が伝わってくる政治をして欲しいものです。

|

« 社内コミュニケーション | トップページ | 四川大地震 »

コメント

これからは、道路財源より、耐震補強財源にして欲しいと思います。angry首都圏には、30年以内にM7.5以上の地震が75%の確立でくるようです。国として、耐震補強必要な公共の建物や、個人住宅にお金をだす。yen
このような税金の使い道してもよろしいのでは?

投稿: 総務おじさん | 2008年5月15日 (木) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/20945522

この記事へのトラックバック一覧です: 道路財源:

« 社内コミュニケーション | トップページ | 四川大地震 »