« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

暫定税率

とりあえず、30日中にガソリン満タンにという指示が、総務部より全社員に出ましたが

今回の暫定税率の件にしても、後期高齢者医療制度の件にしても、建築基準法の改正の件にしても

どうも納得がいかない・・・

正直、憤りを覚えてしまいます。

官僚が悪いのか、政治家が悪いのか正直どちらが悪いのかはわかりませんが

私としては、政治家に文句を言いたい

「党利、党略 名誉や権力 利権ばかりにとらわれていないで、国家経営をしっかりとやってくれ」

二十歳のときより、選挙は欠かさず行っていますが、今の政治を勉強すればするほど

入れたい人、入れたい党のない現況、本当にどうにかして欲しい。

暫定税率上げて一般財源化なら、消費税を上げてくれたほうがわかりやすかったのになんて思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

現場回り

昨日は、現場回りを行ってきました。普段よりこまめに現場に立ち寄れれば、良いのですが

通常業務や突然の来訪などにより、予定をしっかりと組まないと回れないのが

情けないところ、もっと回れるようにしなければといつも感じています。

そんな現場回りですが、今回より新しい試みをしてみました。

それは、当然のことながら現場監督は現場を良く見ていますが

総務系の人は建設会社で働きながらも、なかなか現場を見ることがありません。

つまり自分たちの事務作業の先にある商品製造現場を見ていないのです。

なので今回の現場回りより総務系の社員と共に回ることにしました。

記念すべき第一回目は、経理担当の大ボス、副社長とです。

会社としては現場回りに女性が参加することで、

女性の感性・視点で課題発見ができたら、

少しホスピタリティ日本一に近づくのではと感じます。

また、現場を見ることによってお互いの業務内容を把握ができ、

日常業務がスムースに行くようになれば嬉しく思います。

次は誰と現場見学に行こうか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

高騰

建設業界は、今 非常に厳しい局面に来ています。

昨年6月の建築基準法改悪にともなうお役所の準備不足で、前年比4割減の着工棟数

さらに追い討ちをかけた原油価格の高騰と原材料価格の高騰

そして、今は鉄の価格の高騰 昨年より倍近くの価格になっているにもかかわらず

今年はまだ鉄の価格が決まらず、さらに7月頃には再度値上げ予定と言うことだけがわかっているしまつ・・・

都心では過去類を見ないぐらいのマンション等の在庫率

銀行関係の建設業界への融資差し止め風潮と、明るい兆しを探すことが難しい現状です。

とは言え、経営に一発逆転は無いが信条の自分

できる事をコツコツと頑張るだけですが、ここで大切なのが絶対に行動をしない選択をしないことだと思っています。

どうせこんな事やったってとか、今更だよな~ なんて嘆くばかりにならず

やれる事、できる事は直に効果が出ないことでも、積極的に頑張る姿勢だと思っています。

どんな経済環境になろうともあきらめる事無く、くじける事なく頑張って行きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

秋葉原探索その2

秋葉原からニュースになったニッチな商品で思い出されるものの一つにおでん缶(おでん缶の自動販売機)等があるます。

今回の探索では、どのくらいそれが設置されていて、未だに商業ベースに乗っているのかもちょっと興味があった点でした。

実際に歩いてみる探してみると、思ったほどおでん缶の自動販売機があると言った印象は受けませんでした。

が、実際に自動販売機を見つけてみて、びっくりしたのは、その並べられたバリエーションの多さ、最近はラーメン缶やうどん缶なども開発されており、10種類以上の変わり缶詰あるではありませんか。

しかも、お土産用なのか自動販売機より店頭で見かけるほうが多いくらいでした。

価格とパフォーマンスを考えるとさすがに全国展開を考えると?はつきますが、秋葉原での名物としては堂々たる感がありました。

なので、これはやはり試食してみなければとおでん缶、タンタンメン缶、カレーうどん缶の3っつをお土産に購入してきました。

Cimg1043 Cimg1044

先日、役員数人でその変わり缶詰の試食会をしたところ味は満足のいくもので、みんなびっくりしていました。

Cimg1042

.

.

.

それともう一つ、そのお店で見つけた面白いものそれが変わりラムネ

まだ味見はしていませんが、面白い街だな~とつくづく感じました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

秋葉原探索

最近、秋葉原には何かを感じます。

と言うのも、ニッチなブームのニュースは秋葉原から発信されることが多いような気がしています。

萌え系関連で非常に注目を集めている街だけにそう感じるだけかも知れませんが、それでも勢いのある街であり、独特の文化形成がされているに違いありません。

そんな話を仲間としていたら、一度経営者として秋葉原という街を見に行こうという事になりました。

そんな訳で、先日経営者仲間、数人で秋葉原に探索に行ってまいりました。

感想としては、ニッチな文化産業発祥の街だけに、独特のエネルギーと勢いを感じました。そしてこんなタイプのビジネスモデルも現代では成り立つのだと・・・

確かに大企業を目指したり、上場を目指したりする分には少し市場が狭い感がありますが、

強い企業、つぶれない企業を作るためにはの感覚で秋葉原の街を見たときにはその市場のあり方はとても参考になりました。

百聞は一見にしかずとは言いますが、よい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

東京タワー4F

週末に東京は港区にセミナーを受けに行く用事がありました。

車の為、早め早めの時間設定で相模原を出発したので、思ったよりも早く着きすぎてしまい、人生初の東京タワーに行ってまいりました。

と言っても、目的は東京タワー4F階にある『感動おどろき経済館』 ここには今の日本の借金の現状をできるだけ体感できるようにと様々な工夫を凝らして展示してあります。

2年ほど前から気になっていた場所、期待して言ったのですが、正直にいうと思ったほど楽しくはありませんでした。

がしかし、それでも危機感を感じる展示でした。

例えば、100億円ベンチ 100億円を実際に一万円札で並べたらどのくらいの大きさになるかとの意味での展示なのですが

この四倍のお金が新銀行東京に、これから費やされるのかと思うと額面の数字上でお金のやり取りをするのではなく

実際に目の前に積み上げて、お金のやり取りをしないから政治は臨場感が無いのかも・・・

四百億目の前に置いてあの議論をしていたら、こんなにもの一万円札を追加融資するのかとちょっと決議できなかったのではと思います。

それともう一つ、日本の借金を体感していただくものとして様々な切り口で、その金額分の重さをリュックに詰めて持ち上げる展示

・今の日本の借金、一世帯あたりの重さ1600万円詰めたリュック

・日本の借金に対する一秒間の利子の重さ1700万円リュック

・ 20分間でつく利子の重さ20億900万円のリュックなどが印象的でした。

さすがに20分間の利子の重さは、持ち上げるのにも苦労するほど重く、思わずよろけてしまいます。

この借金を自分たちが背負っているかと思うと、正直に何とかしなければと使命感ともうどうにもならいのではとの絶望感が交互に襲ってきます。

とはいえ、国が沈めば自分も沈むのでせめて後世に増えた借金を引き継がないよう一経済人として企業経営者として、できることをやっていかなければと強く感じた東京タワー4Fでした。

ちなみに日本の借金時計のHPです。参考までに

http://www.takarabe-hrj.co.jp/clock/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

弊社の桜

弊社の本社の敷地にも桜の木が2本あります。

本社を建設時に植えたソメイヨシノと、本社建設前よりこの土地に咲いていた品種はわからない桜

この品種のわからない桜はソメイヨシノがほとんど散ってしまったあとのこの時期に満開になります。

ちょうど社長室の窓から見えて、散ってしまった桜が再度見れる、とても得した気分になる時期です。

そしてこの桜が終わると、ハナミズキが咲き、バラへと続きます。

とても明るい気分になれる大好きな時期です。

Cimg1040 Cimg1039 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

就任式

昨日は、地元の建設業仲間というより親子3代でお付き合いいただいている

同業者の85周年記念及び社長就任式に参加してきました。

大正12年創業より建設業でやってこられているその歴史に敬服です。

相模原の地元では、その会社に比べるとまだまだ後発の弊社これからも頑張らねばです。

しかし今回の就任披露式で、改めて感じたのが、自分の世代的な使命。

今度、新社長になる方は自分の1学年上の方、

他の周りの会社もそうなのですが、同世代の世襲の話を良く聞きます。

いよいよ団塊Jrの世代が世の中にどんどん出始めているのでしょうか。

ある意味、戦後の日本経済の中心にいて引っ張ってきた団塊の先輩の方々

我々はその世代の子ども達です。

だからこそ、その先輩からのバトンを

我々Jrの世代がしっかりと受け継がなければと強く思います。

ちょっと控えめすぎる感がある団塊Jrの世代の我々ですが、

驕りることなく、自分達が日本経済の中心にいるという自負を

しっかりと意識しなければと強く思いました。

日本の経済は今、混沌としていて出口が見えませんが

我々Jrの世代は、団塊の先輩方に負けないように

子どもや青年が夢や希望を抱ける、そんな背中を見せて行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

無事に桜まつりが終わりました。

無事に第35回市民桜まつりが終わり、ほっと一息です。

合併後、初めての桜まつりだっただけに

過去最高の来場者数にて盛況に開催できたことが何よりです。

今回の祭りで特に印象に残ったのが、桜吹雪!!

すべてのパレードを来賓席で見物していたのですが

時折吹く風に、パーッと舞い上がる桜の花びらは本当に綺麗でした。

そんな中をパレードしている人たちはとても気持ちよかったのではと思います。

満開になるのも一気なら、散るのも一気だった今年の桜

その最高の瞬間にお祭りが当たってくれてとてもよかったです。

またなんにしても、大きな事故もなく無事に終われたことが良かったです。

こんな良い年に実行委員長という大役を仰せつかり、本当に運が良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

市民桜まつり

相模原では、本日と明日 市民桜まつりが開催されます。

このお祭りは、相模原で最も多くの人が参加するお祭りのひとつ

私は、色々なご縁があって本年度の市民桜まつりの実行委員長なるものを

勤めさせていただいています。

今までお祭りは大抵、参加者として楽しんでいたのですが

本年は、市民を迎える側としての立場での参加です。

立場が変わってみると、意識も変わるもので

参加する市民がどうしたら楽しんでもらえるのか、そんな事がもっとも気になります。

特に本年は、桜の開花がすこし早かっただけに、散ってしまわないか心配でしたが

何とか桜の花も本日までもってくれたようで、ほっと一安心です。

既に散り始めてしまい、桜吹雪の中の開催となりますが、

それはそれで風情があって楽しめるかと思います。

天気も良さそうですし、たくさんの市民の方が来場してくれそうで嬉しい限りです。

事故無く、無事にお祭りが開催されることを願います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

これからブームかも?

昨日は、ビックサイトへ展示会に行ってまいりました。

開催されていたのは「ホームファッションフェア」と「フラワー&マテリアル」それに「グルメ&ダイニングフェア」です。

やはりこういった展示会に参加している企業の方々は非常にやる気があってよい刺激を受けて帰ってきました。

新しいものも沢山発表されているし、色の使い方やデザイン、素材の使い方非常に勉強になりました。

しかし、残念なのが場内写真撮影禁止なこと、デジカメを持っていったのに使えずじまいでした。

そんな展示会の中で気になったのが、お箸をブースが多かったことです。

そしてどの箸ブースでも必ずマイ箸を積極的にPRしていたことです。

私も持ち始めて2年になりますが、ブームが来ているのかもですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

第2期目

本日は、入社表彰式でした。

朝の8時半~10時半までの2時間を全社員集まって行いました。

2006年の12月に社長に就任したので、3月決算の弊社の場合は

これで僕の第1期が正式に終わり、第2期が始りました。

業界的にも厳しい環境の建設業会ですが、

兎にも角にも無事に本日をむかえられた事に喜びを感じます。

また、昨年度の決算の数字が3代目社長としての初めての数字となり

ここからは過去の自分との勝負です。気張らなけらばなりません。

社長の器以上の会社にはならないとよく申しますが

自己成長を常に意識しながら、業績UP、強い会社つくりに励みたいと思います。

そして、本日の入社表彰式のコメントでも話しましたが

社員が相陽建設に勤めていることを誇りに思ってもらえる会社にしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »