« つなぎ法案 | トップページ | 孫の2乗の法則 »

2008年2月 4日 (月)

信は

昨日は、雪のため一日家にいてのんびりと休養をさせていただきました。

そんな中、本を読んだり、テレビを見たりしていたのですが

カンブリア宮殿の再放送だったかと思います。

野村監督が出演して色々とトークセッションをしておりました。

その中の言葉で、非常に共感を覚えたのが次の一言

『信は万物の基をなす』つまり信頼とか信用とか信念とか

信じるからこそ使い続け、結果が出るまで待てると・・・

今の時代はスピード時代だけにすぐに結果が求められますが

このためが重要なんだと思いました。

さらに、精神論についても

プロなんだから気力、体力、知力とあったときに

自己管理の分野である、気力と体力は充実していて当たり前

だから僕は知力だけを取り上げていっている。

気力のないやつ、つまりやる気のない人は去っていけば良いプロなんだからと・・・

少しこの考え方を広げれば、金額の大小はありますが、

すべての社会人は誰しもが自分の働きに対してお金をもらうプロ

企業であれば、商品を売って顧客から対価をもらっているプロ

常にプロ意識を持って、皆が行動していかなければと感じました。

そうすれば、『偽』が選ばれる事もなかったのだろうとも・・・

|

« つなぎ法案 | トップページ | 孫の2乗の法則 »

コメント

まさにその通りだと思います。個々が、企業が、社会が真の信を追求すべき時代だと感じます。

投稿: 総務おじさん | 2008年2月 4日 (月) 10時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/10246873

この記事へのトラックバック一覧です: 信は:

« つなぎ法案 | トップページ | 孫の2乗の法則 »