« 部会 | トップページ | 国歌斉唱時の起立 »

2008年2月13日 (水)

思い出にさようなら

先日の11日は、この前の祖父の他界を機に片付けの一日でした。

祖父の物を片付けるところから始ったのですが、

いつの間にか気づくと、自分の洋服タンスの片付けに・・・

あまり、物を買ったりしないのですが、なかなか捨てられない自分

いざ、タンスの中を見てみると親父のお古やらボロボロに着古したTシャツなどで、あふれかえっています。

また、学生時代から体系があまり変わっていないので、10年以上着ている洋服も多数です。

そんな状況なので、祖父の物を片付けるはずが思わず自分のタンスに足が向いてしまいました。

普段であれば、もったいないが先に立ち、なかなか捨てられない自分なのですが、

今回は、片付けはじめが祖父のものだったので勢いが違います。

さすがに祖父の洋服などは、着られるもののあげられる物も少なくバシバシ捨てていました。

その勢いが自分のタンスを見たときにもまだまだ残っていて、今回はだいぶタンスの肥やしを捨てたように思います。

そんな中、ひとつだけ悩みに悩んで捨てたものが・・・

それは、中学から大学卒業まで打ち込んだ部活動の象徴であった柔道着

ずっと、着る事が無いのがわかっていながら捨てられなかった思い出の品

今回もゴミ袋に入れては、やっぱりなんて思い返して出してタンスに戻してみたりと

30分以上悩んでいました。結果 廃棄することにしたのですが

とても優柔不断な自分を見つけた片付けでした。

|

« 部会 | トップページ | 国歌斉唱時の起立 »

コメント

本人だと捨てられる物が多いのですが、親となると、小さい時の息子の物を大事にとっておくんですよね。私の場合は、田舎に高校迄のものがたくさん置いてあります。帰省したとき見るのが楽しみになっています。

投稿: 総務おじさん | 2008年2月15日 (金) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/10475302

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出にさようなら:

« 部会 | トップページ | 国歌斉唱時の起立 »