« JPにて新規口座開設 | トップページ | 多選禁止条例 »

2007年10月 5日 (金)

建築基準法改正で・・・

今、建築基準法の改正で建設業界は非常に混乱しています。

例のアネハ事件に端を発しているのですが、

その対応として国土交通省は、建築確認の手続きの大幅な改善(改悪)を行いました。

6月20日から施行された改正建築基準法に対して、

建築確認審査現場への情報公開の不足、手順書作成などマニュアルの不徹底、

指導不足、幸三計算ソフトの配布遅れなどの要因で

建築着工棟数が前年同月対比43.3%減という結果をまねいています。

しかも47都道府県全てで減少しているのが特徴です。

建築確認がおりないという事は、着工ができないということであり、着工ができないという事は、仕事ができない職人が遊ぶ、食べていけない、会社としても資金が滞るという非常に良くない循環に陥っています。

安全で良質な建造物の提供を目指す、国の姿勢も理解できますが、

あまりにも現場をしらなすぎる改革で、

結果 地方行政も地域ビルダーも混乱させています。

頭の良い官僚がやっているのだから、もう少し現場に耳を傾けもしくは現場の意見をしっかりと聞いてやってくれればと思います。

|

« JPにて新規口座開設 | トップページ | 多選禁止条例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/8250178

この記事へのトラックバック一覧です: 建築基準法改正で・・・:

« JPにて新規口座開設 | トップページ | 多選禁止条例 »