« 安部首相辞任 | トップページ | 中秋の名月 »

2007年9月18日 (火)

世界柔道

世界柔道では、本家である日本柔道の不振にはいささか悲しさを感じました。

自分自身、中学から大学まで体育会の柔道部に在籍し、

もっとも似合う服装は柔道着かガクランなのではと感じていただけに・・・

日本のルールと世界のルールは違うや柔道がJUDOにと言われた今回の世界大会、なんかどんよりとしたイメージの暗い大会でした。

しかし、そんな重い空気の中何人かの選手は見事金メダルを取ってくれた事、嬉しく思います。

特に、谷選手

「田村でも金、谷でも金、ママでも金」は正直に、すごい偉業と敬服いたします。

2ヶ月前まで授乳をしていたらしく、本調子ではなかったと聞きます。

代表の選考会でももめました。色々不利な状況ばかりの中

それでも結果を残したのは精神力の強さなのかも知れません。

母になり、家庭と柔道の両立をするために練習の工夫もしていたそうです。

例えば、子どもを背中に乗せて腕立て伏せを3000回したりとか、

夫の谷選手も、家庭と柔道の両立している彼女の姿にすごさを感じているとの事

世界の頂点を目指す事が当たり前の日常、話す機会があったら聞いて見たい心境です。

また、そんなエピソードを聞いたりしていると、頑張る業界は違いますが、

私自身も「ホスピタリティ日本一の建設屋」の目標をいつでも頭の真ん中に置かなければと、再度強く意識させられた世界柔道でした。

|

« 安部首相辞任 | トップページ | 中秋の名月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/7996374

この記事へのトラックバック一覧です: 世界柔道:

« 安部首相辞任 | トップページ | 中秋の名月 »