« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月28日 (月)

昨日は、非常に暑く まさに夏日を感じさせる気候でした。

この時期になると毎年気になるが、梅雨前の風物詩、そうホタル!!

弊社で、ホタルの育成しているため2年前より始めたホタル鑑賞会イベントを前に

こんなことを暴露してしまうのはどうかと思いますが、やはり自然は大事

是非この相模原に自生しているホタルの事を皆様に知って欲しくて書くことにします。

昨日の真夏日のような天気であれば、そろそろ田名のホタルが飛び始めるのではと

昨晩家族総出で、下見に行ってまいりました。

するとどうでしょう、3日前にはまだ飛んでいなかったホタルが既に飛んでいるではありませんか。

まだまだ出始めでピーク時に比べれば数は少ないですが、それでも蛙の合唱を聞きながら、蛍狩りのお散歩は風情があり、とても綺麗で心が癒されます。

ちなみに家の子どもたちもホタルを捕まえようと一生懸命走り回っていました。(本当は捕まえてはいけませんが、そっと手にとって見せてあげるととても喜んでいました。)

これから6月の半ばぐらいまで楽しめると思いますが、是非一度この相模原の財産ともいえる自然を堪能してみてください。

場所は、相模原市田名の望地(モウチ)キャンプ場のそばの用水路です。老人ホーム『田名ホーム』の脇に、相模川へ下りていく道があるのですが、その坂を折りきったところです。

プラネタリウムを思わせるホタルの光を是非堪能してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

お客様アンケート

お客様アンケートでとても厳しい言葉が帰ってきました。

とても落ち込んだ気持ちになります。

お客様は、弊社を信頼してくれて、建築をお願いしてくれたにも関わらず、その期待に答える事ができなくて、会社の最高責任者として、とても申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

私は、社員を信頼しています。

皆が、一生懸命、良い建物を作るにはどうしたら良いのか、また、お客様を満足させるためにどうしたらいいのかなど日々真剣に考えている姿を見ています。

それだけに歯車が噛み合わず対応の遅れが出てしまったりして、お客様に迷惑をかけてしまったときには、非常に申し訳なく思います。

強い会社、良い会社には、しっかりとした仕組みがあります。サービスや評価、本社機能など仕組みには様々なカテゴリーがありますが・・・

我が社は、その仕組みがまだまだ未成熟なところと感じます。

仕組みは、日進月歩です。時代背景やITなどの技術革新によって変わっていきます。

それらを敏感に察知し、常に改善改革で一歩一歩進めていかねばなりません。

決して終わりの無いところでありますが、行き着くところは

『ホスピタリティ日本一の建設屋』です。

気を引き締めなおして頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

元気な経営者

昨日、銀行さんから、もうすぐ建築をするお施主さんがいるから、紹介するよといわれ、とある製造業の社長にあってきました。

もうすぐ65歳になるその社長さんは、まだまだバイタリティーとエネルギーにあふれた雰囲気でまったく年齢を感じさせない方でした。

面談中も、これからの世の中はいろいろ工夫をした商品をださないとやITによる業務効率も取り入れないといけないや、価格競争に巻き込まれないそれが大事だ等の非常にご自身の経営論や社会情勢を前向きにお話をされていました。

そのお話の節々に、これまで企業経営をしっかりと行なってきた結果の今があり、その自信に裏づけされた力強さを感じました。

いつか自分もこんな風に他人に経営を語れたらな~と思うのと同時に、しっかり経営をしなければと身の引き締まる面談でした。

とてもよい刺激とエネルギーをその社長より頂きました。感謝、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

携帯が・・・

昨日は、落ち込みましたよ、そう過去に何度か経験したことあるこの落ち込み。

例えるなら、一生懸命作っていたエクセルの見積書がフリーズして、しかもデーター保存できていないのに、強制終了かけなければならないときのような

もしくは、ある日突然、パソコンが立ち上がらなくなり調べた結果、ハードディスクの破損と診断されたときのような

そんな感じの落ち込みを昨日経験しましたよ。それは、水没です。携帯の・・・

見事に回転しまくりだったと思います。気づいたときには、既に脱水中になっていました。ショックです。

どうやら洗濯機に僕のはいていたズボンを入れたのは、2歳の末っ子らしいのですが、携帯もお財布も全て入ったまま入れられてしまいました。まあ、当然ですよね~、2歳の子供にポケットの中身なんて関係ですものね~。

それをそのまま、僕の奥さんが気付かずに洗濯してしまったらしく、どうにもこうにも トホホです。

どうせ無理と思いながらも、現実を知るまではどうしても淡い期待を抱いてしまうのが人の性、洗濯機からズボンを取り出し、ポケットを見てみると、やはり携帯が・・・

さらに、もしかしたらと携帯を開いて画面を見れば、ダメ押しの水浸しになった液晶画面、電源ボタンを押してみても、やっぱり反応なし・・・

ご臨終を実感しました。

いやこの携帯は駄目でも、せめてデーターは何とかしたいと、一生懸命ドライヤーを使って悪あがき・・・

すると、怪しい気配が、水浸しのその奥に、電池切れのメッセージが、急いで充電コードをつなげてみると・・・。

いや~ してみるものです、悪あがき。不幸中の幸い、データーはかろうじて復活しました。このときばかりは、悪あがきをしてみるもんだと思いました。でも、水没どころか洗濯してるわけですから当然に、不安定な感じです。相変わらず液晶には水が入っているし・・・

ということで、急いでドコモショップに直行し、機種変更をしてきました。

ちなみに弊社では会社で携帯を支給しており、全員ドコモを使っているので当然ポイントもあり、当日も少したまっていたのがあったのですが、

以前社員が、携帯をなくしたときに責任払いをさせたことを思い出し、ポイントを使わずに支払いをさせていただきました。

さらに告白すると、先月も僕のかみさんが、自身の携帯を水没させ機種変更をしたのですけどね~ 2ヶ月連続で手痛い出費です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

地域貢献

弊社では、トリンプという下着メーカーの会社の真似をして

朝会なる経営会議をしているのですが、先日その朝会に、私がかけた議題で

総合教育の一環なのでしょうか、「中学生の長期職場体験」という相模原市の教育委員会の行なっている事業がありました。

これは、中学生に1~3日くらいの期間で実際の職場と体験してもらい、今後の進路を決める参考にしてもらうといった主旨の事業かと思います。

自分としては、地域貢献や教育に積極的に関わっていくべきと思っているので是非にと思っているのですが、やはり現場は中学生が来たところで、やらせることはないし、やはり現場は危険ですし、もし事故があったらと思うと受け入れたく無いのが、本当の所とおもいます。

で、現場経験者も参加している朝会にて検討した結果

否定的意見として
やらせることがない、建設現場は危ないのでやめた方がよい
なんでこんなことをしたいと生徒は夢をもてないのかこれは甘ったれているのでは、
今の教育はこんなことやるのか等がで、

肯定的意見としては
地域貢献としては良いのでは、新卒採用や企業PRになるのでは等がでました。

で、役員6名の多数決を取ったところ
6名全員がやりましょうとの挙手でしたので、受入れ企業として申し込みをさせていただきました

地域密着、社会の中の会社、地域貢献等と就任以来発信してきた自分にとって、とても嬉しい議論と結論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

高野連

高校野球の特待生問題ニュースを見ました。

前から少し気になっていた問題だったのですが、高野連の見解を聞いてうんざりです。

スポーツなんて競争社会の最たるもの

その世界に平等意識や高校生らしく清々しくなどの感覚を一番最優先に持ってい来るここが、どれほどプレイヤーにとって、お門違いか分かっていないのかと思えてくる。

巨人の星ではないけど、幼少の頃より野球で頑張ろうと努力してきた人間が、より良い環境とスタッフそして金銭的に優遇された環境でプレイできるのは獲得できて当たり前の権利と感じます。

それをしてはいけない、しかも他のスポーツでは特待生制度があたりまえに取られている中で・・・

サッカーの人気と野球の衰退、当たり前の結果と感じます。

平等とは、悪魔でも機会平等であって結果平等ではないと感じます。結果平等は人のやる気をなくす最低の政策と思うのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

連想型思考

『風が吹いたら桶屋がもうかる』との諺がありますが、この意味知っていますか?

 意味・・・何かが起こった事によって第三者が得をする事
 由来・・・
  風が吹くと土埃が舞う
     ↓
  ほこりが目に入り目が見えなくなる人が増える
     ↓
  あんま志願の数が増える
     ↓
  三味線の需要が増える大量生産
   (三味線はもともと盲目の芸人たちが生きるための芸としていた)
     ↓
  沢山の猫が必要になる(三味線には猫の皮が使用されるため(初めて知った)
     ↓
  猫が減ったお陰でネズミが増えそのネズミは風呂桶をかじる
     ↓
  桶屋がもうかる。

こんな思考回路だそうです。

最近、人と話していたり、会社での会議をしていると、この諺が頭をよぎります。

というのも、クレームや事故、そしてミスを考えた時、

本質は『何処なんだ』『何でそうなったのか』等

この質問を5回くらい繰り返すと

表面上見えていた結論とは別の所の原因のあることが多いです。

物事の本質は結構深いです。なんでだろう、なんでだろうと投げかける癖を持ちたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

すごいです・・・

昨日の新聞で、トヨタの営業利益が2兆円を超えたと報道されました。

確か5年前に1兆円を超えて騒がれたかと思います。

わずか5年で利益倍増です。企業経営者として非常に驚きました。

しかも売上高は24兆円とほぼロシアの国家予算並だそうです。

この混沌とした不透明な経済の中、これだけ業績を伸ばしている企業があると知ると

やはり、やり方次第では会社は伸ばせるんだなと

他社の好業績に関するニュースでしたが、夢をもらったような話題で

勇気をもらった、そんな気分です。 

あの手、この手に、もういっちょう!!創意工夫で頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

発信

昨日は、地元商工会議所の青年部の集まりに参加してきました。

昨晩の議論は、「経営者=魅力ある人」についてでした。

一見、そりゃそうだとよ~、やっぱり経営者には魅力が無ければいけないとの議論になりそうですが、そこはさすがは経営者の集まり

本当に魅力が必要なのかとの問いからはじまって、最終的には魅力とは他人が判断するものなら経営者にとって必要なことは何なんだと議論になりました。

本当はこの議論4時間ぐらい延々としていたのですが、結論からすると

経営者に必要なのはl、発信ではないだろうかと言うことになりました。

自分の信念や会社の理念、コンセプトをしっかりつくり発信する。その発信に共感する人は、協力者となってくれるのではとの結論になりました。

有意義な議論ができた昨晩でした。でも19時半からはじまった議論結局24時過ぎまでながかったな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

結婚式

連休中に結婚式に出席してきました。なんと新郎は22歳という若さでの結婚で

しかも10人兄弟と8人兄弟との結婚です。少子化なんて何処吹く風といった感じでした。

その結婚式は、教会で行なったのですが、全てが手作りといった感じの

とてもアットホームな結婚式で、料理から設営、出し物とすべて手作りで行なっている

心のこもった結婚式です。始めは非常に面を食らいますが、式が進むにつれて、参加者の心が、どんどん温まってゆくような、よい結婚式だったと思います。

お幸せになってください。

しかし、社長になってから既に3回の結婚式でスピーチを行なわせていただきましたが

なんか自分の会社に近い人の結婚式に出席するたびに

経営者としての身の引き締まる思いがいたします。

と言うのも、新郎新婦の幸せそうな笑顔をみていると

この家族に本当に幸せになってもらいたいな~と心のそこから思うのと、

その幸せの一端をになうであるう家計が、自分の責任の上にあると強く認識をするからです。

お金が全てではありませんが、やはり生活において非常に大切なものと認識してます。

強い仕組みで、強い会社作り、顧客から認められ、紹介される。

そして社員がやりがいをもって仕事に取組めるそんな会社を作らなければと

経営者としての責任と使命感を感じます。

もっともっと頑張らないと・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

葉書

昨年2月のセミナーの一コマで、

人生を変えたければ葉書を書きなさい、というような内容の話を聞きました。

その人曰く、みんなに葉書を書く良さを伝えると、みんな書いてしまうから

あまり伝えない方が良いのでは、と言われたりするのですが、

どんなに葉書を書く良さを伝えても、100人セミナーに来ていたら

そのうちの2割も書く人は居ない、さらに1年後にも書き続けている人は

全体の2%も居ないでは、だから葉書を書くと人生変るよと

色んなところで言っても大丈夫なんです。だから皆さんも葉書を書いたほうが良いですよ

なんていっていました。

そのセミナーを聞いて負けず嫌いな自分は、そうまで言うなら取り合えず

10年間は続けようと、その日から名刺交換をした人やお祝いのあった人に

葉書を書き続けています。

そして昨日ふと振り返ってみると葉書を書き始めて一年が過ぎたな~と

これで2%の人になったかも、なんてちょっとにやけていました。

実際の葉書の効果ですが、まだまだ人生が変ったような実感はありません

ですが、デジタルな時代にアナログな葉書は

汚い字ながらもありがとうとよく言われます。

あと9年取り合えず頑張ろうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »