« 展示会 | トップページ | 切磋琢磨 »

2007年3月13日 (火)

チームとして

先日の建材ショーの感想の続きですが、

建設は元受だけの努力では、本当によい商品提案は難しいと考えています。

それは、今回参加した建材ショーなどは特にその傾向があったのですが、

材料や工法でいくら良いものを見つけても、それを取り扱ってくれる業者が居ないと

どうにもこうにも知識の持ち腐れで終わってしまうところです。

例えば、外壁材で非常に良い新商品と工法を見つけても、

施工する業者さんが見つからなかったりするのです。

しかもこちらが提案しても、実際にその業者さんは見たりしていないので

基本的に保守的な職人気質が邪魔して、

こちらの提案を中々取り入れてくれなかったりするのです。

業者を変えてしまえばと言われる方もありますが、

私としては是非、今の業者さんと共に成長して行きたいと思っています。

なので、願いがかなえば、今年か遅くとも来年、ジャパンホームショーなどに

業者さんと共に1台バスを用意して参加し、

新技術新商品について討議してみたいな、と思います。

|

« 展示会 | トップページ | 切磋琢磨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200648/5661121

この記事へのトラックバック一覧です: チームとして:

« 展示会 | トップページ | 切磋琢磨 »